上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
tag. --> 2014/12 - 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷

Information

総合探偵社ガルエージェンシー渋谷

Author: 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷

東京都の渋谷区で探偵業を営んでおります。
調査力には絶対の自信を持っています。
必ずや、皆様のお役に立ちますので、ご相談お待ちしております。
<ご相談・お見積り 無料>

Recent Posts

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
  • -
  • -
以前は個人情報の漏えいといえば、顧客リストや学生・従業員名簿などの流出が中心でしたが、パソコンやインターネット、携帯電話などが普及するとともに、デジタルデータになった個人情報の漏えいが問題になってきています。

個人情報が第三者に知られて悪用されると、プライバシーの侵害になるだけでなく金銭的な被害を受けることもあります。

携帯電話やスマートフォンに保存した名前やメールアドレスも重要な個人情報ですから、これらの端末を盗まれたり紛失したりすると、個人情報が流出してしまう危険性があります。企業の社員が、顧客データを保存したUSBメモリを紛失したという事件もいくつか報告されています。このように、個人情報を保存した端末や記録メディアの取り扱いには細心の注意が必要です。

しかしこうした端末の盗難、紛失以外にも、インターネットを通じて個人情報が漏れてしまう可能性はゼロではありません。ネットのサービスを利用する際に、運営会社に開示した個人情報が、悪意ある第三者からの攻撃や人為的な過失などから漏れてしまったケースも実際に起こっています。

第1回目の今回は、インターネットのサービスを利用する際に、注意すべき点を見ていきましょう。


・ネットサービスに登録した個人情報を把握しておく

個人情報の中でも悪意のある第三者から狙われやすいのは、本人確認のカギとなるID、パスワードや、クレジットカード番号、銀行口座の暗証番号などです。これらの情報が他者に渡ると金銭的な被害に結びつく危険性が高いため、取り扱いには注意が必要です。

住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先も、悪意のある第三者に悪用されやすい情報の一つです。例えば新規の顧客開拓を図りたい企業にとって、個人の連絡先は、宣伝や勧誘などの営業活動に欠かせない重要な情報です。こういった個人情報リストを違法に取得し、高値で転売することで利益を得ようと目論む人もいます。

個人情報の中には、家族や友人・知人にとっては周知の事実というものも多いので、その重要性を感じにくいものもあります。しかし、インターネットのように「お互いに顔を合わせずに取引をしたりサービスを受けたりする」という環境下では、IDやパスワードなどが利用時の本人確認の手段になります。

IDやパスワードを盗まれると、他人が自分になりすますこともできてしまいます。このため、ログインに必要なIDとパスワードは忘れないようにするだけでなく、他人に知られないように管理することが大切です。

ID、パスワードのほかに、自分がどんな個人情報を登録したか(住所、生年月日、勤務先など)も、把握しておきましょう。

ほとんどのインターネットサービスでは、会員登録をすると、登録したメールアドレスに登録完了の確認メールが届きます。こうしたメールは大切に保存しておき、どのサービスにどのような個人情報を登録したのか確認しましょう。

今回は以上です。それではまた次回、お会いしましょう。
スポンサーサイト

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
今年も残すところ後4日、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
もうお休みの方もいらっしゃると思いますが、探偵には休みなんてありません(笑)
この時期、誘惑も多くなるからです。

今日は、なぜ人は年末に浮気するのか?見ていきたいと思います!

「年末に浮気しやすい理由は?」

1位:忘年会やクリスマス会など出かける口実がつくりやすい
2位:寒いので人肌が恋しくなる
3位:カップルが目に入るので恋がしたくなる
4位:誘いが増え出会いが多くなる

「普段は早めに帰らないと怪しいけど、年末は少々遅くなっても大目に見てもらえる」等、対策がしやすいというわけです。

「年末年始の浮気につながる出会いはどこにあるのか?」

1位:勤務先、パート先の忘年会
2位:帰省時の同窓会や飲み会
3位:ネットなどのオフ会

忘年会等でガードが緩くなりつい・・・と年末独特の浮かれた雰囲気にやられてしまうのでしょう。

ちなみに、浮気相手の1位は職場の人。2位は元交際相手。3位は出会い系などのサイトとなっています。

いかがでしたか?それではまた。

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

クリスマスも終わり、第一関門を無事突破しました。
あとは年末年始。浮気相手と31日の夜から会ったり、
年明け早々浮気相手と旅行に行ったり・・・よくあります。

今日は、「婚姻関係の破たん」について。

別居しても1~2年程度では認められていない
事例がたくさんあります。
離婚調停中であっても、
双方が離婚合意状態でしかも
別居から時間も経っているとかいうなら
認められる場合もありますが、
片方が離婚を認めていないなどとなると、
必ずしも破綻が認められるわけではありません。

まだ離婚協議をしているとは言っても、
修復があり得ないわけでもないでしょう。
1年にも満たないなら、
早々に証拠固めしておきましょう。

本当は同居中の調査をオススメします。
それは、調査期間がかなり変わってくるからです。

必然的に料金も抑えられます。

悩んでおられる方で、夫から、「家を出ていく」と言われた等
お早目な相談、調査を強くお勧めいたします。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

今日はクリスマス。もう1週間で今年も終わりですね。
イブの夜は、とあるホテルで証拠を撮るべく立っていました。(笑)

今日は、依頼者様から聞かれたことで、
「風俗は不貞行為にあたるのか。」

風俗でも民法上不貞行為になります。
(1度くらいではなりませんが)

例えば、酔っぱらった勢いで会社の仲間と・・・
不貞行為にならない可能性もあります。
但し、奥様が何度も行かないように注意しても
治らない場合は不貞行為にあたる可能性があります。

○昼間から何度も・・・
○妻に嘘をついてこっそり何度も・・・

この2つは「自分の意志」があるので、不貞行為にあたります。

民法上不貞行為とは肉体関係があるかどうか。
特定でない人物でも頻繁に肉体関係があれば
当然不貞行為となります。

我々が調査を行っていても、
風俗に頻繁に行く方がいます。
しっかり不貞行為の証拠になりますよ。

今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

とうとうクリスマスイブです・・・(汗)
空いた時間に更新頑張ります!

タイムリーにクリスマスネタで(笑)

クリスマス近くの休日出勤。よくありませんか?
しかし、本当に休日出勤でしょうか?
今年はイブ、クリスマスとも平日なので、
土日にゆっくりと時間をとって浮気相手と過ごす人もいそうです。

しかし、浮気相手がイブにこだわっている場合、
平日にも限らずこの日に会うでしょう。
そして、イブの外泊はさすがに怪しまれるので遅くに帰宅します。

○クリスマス当日はイブの穴埋め?

昨夜は遅くに帰っています。
イブに一緒に過ごせなかったリカバリーのため、
クリスマス当日は妻の元に早く帰って来て、
食事やクリスマスパーティーを催すみたいです。

そもそもこの時期は、「忘年会」の時期でもあります。
忘年会も怪しいんですよねぇ~実は。新年会も。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

来週はクリスマス!バタバタしております(笑)

ご依頼者様から、
「夫の携帯のメールなんかも浮気の証拠になりますか?」
と質問を受けることがあります。

上記の事は、
民事裁判の場合、証拠能力が否定されることはレアケースです。

ただ、反社会的な手段、態様が用いられ、得られた証拠は
例外とみなされます。

夫が寝ている隙にメールを見て得た情報は証拠として十分なんです。

ただ、夫に詰め寄り、「ごめん、もう別れるから許してくれ。」
なんて言葉を鵜呑みにしていてはダメです。

しょっちゅうある事なのですが、大概は、浮気相手と継続した関係が続いています。

「最近は早く帰ってくるし、携帯を見てももう連絡取り合ってないみたい・・・」

いやいや、違いますよ?1回でも浮気した人はそうそう治りませんよ?

結果、実は別の携帯で連絡を取り合って、頻繁に会っている。
よくあることです。

こうゆうことが実際ありました!という方、弊社に1度相談してみませんか?

今回は以上となります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
みなさんこんばんは。都内でも初雪が観測されましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、なぜ個人情報は流出するのか?見ていきたいと思います。


①不注意が大きな比重を占める

ユーザーID・パスワードをはじめ、さまざまな個人情報が流出する原因としてもっとも大きいのが、本人の不注意やセキュリティ認識の甘さによるものと言われています。

・覚えるのが面倒なのでパスワードを書いたメモをパソコン周辺に貼っている

・自分の代わりに操作してもらうために会社の同僚や友人にパスワードを教えてしまう

・周囲に不特定の人が居るときでも気にせずID・パスワード入力操作を行う

このような行為によりユーザーID・パスワードが他人に知られてしまったら、あなたになりすました他人がパソコンの中に保存されている情報を盗み出すことは容易にできてしまいます。

悪意を持った人物はどこに潜んでいるかわかりません。「友人・知人まで疑うなんて……」と思うかもしれませんが、親しい人であっても自宅のカギを気軽に渡すことはないでしょう。それと個人情報の管理は同じようなものなのです。


②不特定多数の人が利用するパソコンの危険

インターネットショッピングサイトなどにアクセスすると、いきなり「○○さん、こんにちは」などと表示されることがあります。これはブラウザの「cookie(クッキー)」と呼ばれる機能を利用して、以前アクセスした際の情報を保持しておき、再訪問したユーザーを識別する仕組みを利用しています。サイトによってはログインID・パスワードの入力を省略できるなど便利な機能もあります。

またブラウザには、ユーザーがフォームなどから入力した情報を自動的に保存する「オートコンプリート」という機能が備わっており、cookie同様にログインID・パスワード等の入力の手間を省けます。

しかし、インターネットカフェなど不特定多数の人が利用するパソコンにおいて、cookieやオートコンプリートにより個人情報が自動保存されてしまうと下記のような非常に危険な状態になってしまいます。

・自分が使った後のパソコンで、自分の名義で誰でも自動ログインできるようになる

・サイトから住所、電話番号、銀行口座番号・カード番号などの個人情報を盗まれる

・勝手に操作・注文される恐れもある

基本的には、不特定多数の人が利用するパソコンではWebメールやインターネットバンキングなど、ID・パスワード等の入力をともなう操作は極力避けるのが賢明といえます。入力した場合は、cookieの削除、キャッシュファイルの削除、オートコンプリート履歴の削除などを必ず行うようにしましょう。

③信用できないサイトで個人情報を入力しないこと

個人情報を盗む手口としてよくあるのが、懸賞サイトやショッピングサイトを装って会員登録をさせるパターンです。高価なものが無料登録するだけで当たる、格安に商品が買える……といった甘い言葉で勧誘し、実際には個人情報を収集するのが目的なサイトです。

・破格の条件や優待で会員登録を募るサイトには要注意

最近はユーザーが実際に利用しているサイトを騙ってアクセスさせようとする「フィッシング詐欺」もあります。注意しましょう。

いかがでしたか?それでは今日はこの辺で、それでは。

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

爆弾低気圧がやってきました。
仕事で忙しくされている方もそうですが、
身体に気をつけて2014年、あともう少し頑張りましょう!

前回、「時効」についてお話したのでそれと繋げて、
「浮気・不倫はに関してどんな法律があるのか」
をお話します。

(不法行為による損害賠償)

・ 第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される
利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

(財産以外の損害の賠償)

・第710条
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は
他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、
前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、
財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

民法ではこのように定められています。
つまり・・・浮気は許しちゃいけないってことですよね!

今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

選挙も終わり、各党が事後処理に追われていますね。
結果は、知っての通り、与党圧勝。
民主党は議席微増とのことですが、代表が落選となるといい気にはなれませんね。


今回から、浮気・不倫の法律関係を調べていきたいと思います。
今日は、「時効」です。
ご存知の方は確認の意味を込めて読んで頂けると幸いです。

・浮気相手を知ったときから3年以内。
・浮気相手を知らなければ不法行為(貞操侵害)のときから20年以内。
・浮気相手を知らなければ20年で消滅時効。
・浮気相手を知ったときから3年で消滅時効。

浮気にもしっかり法律が定められています。
早めの対応が必須です。

ある有名な先生がおっしゃっていました。
法律で時効が定められていようと、浮気をされた側には深く傷が残る。
浮気に時効はない。
(有名な先生の受け売りです。すごく同意出来たので引用しちゃいました。)

今回は、以上となります。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
こんばんは。
渋谷探偵Mです。

各地で雪が降り、渋谷にもそろそろ降るのかなぁと思う位寒いです!
風邪ひかないように頑張ります。

今回は「不倫にハマる女性」のラスト!

人に頼られるとイヤとは言えない。
ついつい必要以上におせっかいをやいてしまう。
そんな女性は、人に必要とされることで
自分の存在価値を見い出そうとしてしまう「必要とされたい欲求」が強いと言えます。

独身女性と既婚男性の場合、「必要とされたい欲求」が強すぎると、
「この人には私のような癒しが必要」と自分で変換してしまいます。


「必要とされている感」を感じて別れに踏み出せない。
そして苦悩と葛藤の日々の繰り返し。
そんなスパイラルに陥る典型パターンのタイプでもあります。

いかがでしたか?

今回は以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
Continue reading

弊社ホームページ、姉妹ブログ、フェイスブックはこちら


ランキングに参加しています!

更新の励みになります!クリックにご協力を♪

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。