FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月は種まきの季節!?

お久しぶりです。
渋谷探偵Mです。

久しぶりの更新ですね(笑)
またお願いします。

今回は、実際の調査から体験談を。

3月、4月は別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますね。

4月に行ったとある調査で・・・

浮気しているかも・・・という依頼で、

依頼者様は浮気の確証は持っていなく、

夫の行動が少し怪しいから一先ず行動を見てほしい。とのことでした。

早速、調査を実施。

対象者は、外回りが多い職種だったので、1日行動を監視することに。

初日、対象者がいかにも新入社員と思われるの女性と外回り。

浮気をしている様子はなかったのですが、2人の様子を見て

「あぁ・・・時間の問題かも・・」

と思いました。数日監視を行ったのですが、不貞行為はなく、

依頼者様に、「少し時間を空けてもう一度調査を行いましょう」と提案しました。

5月のGW明けに調査を実施。

すると・・・対象者と新入社員の女性は退勤後に接触。案の定、ラブホテルへ。

しかも、外回り中に2人でラブホテルに入る姿も。

少し怪しい?程度でも浮気の前兆です。

特に新しい出会い、新しい刺激が多い4月は、

絶好の浮気の種まきどきですね

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーサイト

最近の不倫報道で「不倫」に変化?

こんばんは。
渋谷探偵Mです。

小室哲哉さんn不倫疑惑、

小泉今日子さん&豊原功補さんの不倫報道など

今年も「不倫報道」が多いですねー。

そこで感じたことが諸々あるのですが・・・

なんか・・「j不倫」は悪いってことが薄れているような気がしませんか。

というのも報道が多すぎるんですよね。ホント。

「誰が不倫した?」、「今度は誰だ?」的な「不倫」を楽しみにしてしまっているパターンから、

「また不倫かよー」、「あの人が不倫かーへー」的な飽きを感じてる人も少なからずいるはず。

更に、小室哲哉さんが引退してしまい、週刊誌に対しての批判が多く、

「不倫」に対して触れないことが多いんですよ。

中には、「不倫」は犯罪ではない」とまで言われる始末。

犯罪じゃないけどさ・・・もっと言い方あるでしょ。

ある意味・・・サブリミナル効果なのか・・

もう一度、「不倫」に対して真摯に考えていただきたいです。

泣く人がいるわけですから。

今回は以上となります。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

明けましておめでとうございます。

こんばんは。
明けましておめでとうございます。渋谷探偵Mです。

皆様、年末年始はどうお過ごしでしたか?

年末には忘年会などもあり、健康面が心配な方も多いはず。
私も・・・太りました(笑)

健康面以外にも、年末の心配事が1つ。

それは・・・

浮気発展率

です。年末は浮気に繋がることが非常に多い時期。

先ほども触れましたが、年末には忘年会なども重なり、

お酒の席が増えます。

そして、お酒の席こそ浮気に繋がることが非常に多いんです。

相手の態度がいきなり変わった、挙動がおかしい、等、

なにかピンとくることがあれば、それは、浮気が始まっているサインかもしれません。

本日は以上となります。
最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。




探偵はどこにいる?BARにいるんです!

こんにちは。
12月1日より公開される映画「探偵はBARにいる3」が早く観たくてしょうがない探偵Mです。

北海道・札幌のススキノを舞台に、探偵と相棒・高田の活躍を描いた『探偵はBARにいる』シリーズの新作。探偵と高田が失踪した女子大生について調べる中で出会ったモデル事務所のオーナー・マリに翻弄され、やがて大きな事件に巻き込まれていくというあらすじ…らしいです。

すでに予告編も公開されており、とても楽しみですね(^^)天山さん…ハマってるわー笑



ポスターもカッコイイ!

「仲間を愛し、依頼人を守り抜く、探偵」

キャッチコピーも素敵ですねー!

今回は以上となります。
最後まてお読み頂き、ありがとうございました。


探偵Mは渋谷にいます笑

職場不倫を成功させる男って?3

こんばんは。
渋谷探偵Mです。

今朝、「東洋経済オンライン」の記事を読んだのですが、
非常に考えさせられました。

「日本人が知らずにしている外国人差別」

というテーマで、私も知らずに差別をしているのかもしれない・・・と思えました。

詳しい内容は省略しますが、東京五輪の開催が決定しており、
「サービス大国日本」として、外国人観光客に対しての対応をしっかり考えなりませんね。


さて・・・前回の続きになります!

・部下や同僚を救い、自分は一歩引いて華を持たせる人

男性は出世をしたいし、自分の手柄が欲しいと思っています。
なので、全てを自分の手柄にしてしまうジャイアンのような人が多いです。(おまえのものは、俺のもの)。

部下をサポートし、良い結果が出たら部下の実績としたり、
認めて喜ぶことのできる上司は人間ができているとも言えるし、
基本的に部下に愛されます。

これは、上司がバリバリデキる人である必要はないのです。
部下にとっては、上司の仕事ぶりがどんなものかよりも自分の出世や成績に
プラスになるかのほうが重要だからです。

これを分かっている男性は、仕事が出来る人でなくてもモテてしまうのです。
女性は「あの人ぱっとしないけど、私のこと、いつもサポートしてくれる。私だけがあの人の良さを知っている」と、
恋に落ちる人も少なくありません。

このタイプは・・・相当モテます。前回、前々回の2パターンより飛躍的に不倫の危険性が高くなります。

こういう人は、男性にもウケますよね。周りの同性の評判が上がると
それもモテ要素になりますし非常に危険ですね。

今回は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。